病気の人の強い味方|キャリアカレッジジャパンで資格を|将来に光が射す
勉強道具

キャリアカレッジジャパンで資格を|将来に光が射す

病気の人の強い味方

看護師

就職をしてからが勝負です

将来、東京や大阪などにある大きな病院で看護師として働きたいのなら、医学部の看護学科を経由して看護師を目指すべきです。大学病院などは一般の就職活動における大企業に相当し、エントリーシートや面接などの関門を突破して初めて仕事をもらえます。さらに、ピンポイントで「ここの大学病院がいい」と決めてあるのなら、その大学に行くのが最善策です。これに対して、看護学校のルートからも看護師を目指せます。看護学校の特徴としては門戸がかなり広いです。医学部の場合にはかなり追い込んで勉強をする必要があり、なかには浪人生活を何回も繰り返した末に入学をする人もいます。一方、看護学校の場合には、もちろん面接などの試験を課している学校もありますが、基本的には入学願書を出せばかなりの確率で入学を許可してもらえます。看護師として一人前になるためには卒業をして病院に就いてからが勝負で、専門の学校に行った方がすぐに働きだせる分だけ有益です。

地元だと勉強に集中できる

看護学校は病院のそばに設立させるケースがほとんどで、日本全国に病院は点在していますから学校そのものも各都道府県にたくさんあります。その時に少し悩むのが地元の学校に行くべきか、それとも東京などの都市部にある学校に行くべきかです。地元にある学校に進学をすると、将来的に自分の出身地にある病院で就職しやすくなるという強みがあります。卒業するまでの授業のなかには必ず実習が含まれており、基本的にはそばにあるつながりの強い病院で勉強をさせてもらいます。実習を通して病院の関係者と知り合えるのも大きいですし、自分のスキルをアピールできる舞台でもありますからヘッドハンティングのような形で声がかかるケースも見られます。もちろん、東京などの方が遊べる環境が整っているので、適度にストレスを発散しながら看護の勉強ができるメリットはあります。ただ、医療に関する知識を大量にインプットするわけですから、地元で家族のサポートを受けながら暮らした方がラクです。