伝統医療を職業にする|キャリアカレッジジャパンで資格を|将来に光が射す
勉強道具

キャリアカレッジジャパンで資格を|将来に光が射す

伝統医療を職業にする

メンズ

自然治癒力を引き出す技術

柔道整復術は、その源流を戦国時代にまでさかのぼることができるという、長い伝統を持つ治療技術です。骨折・脱臼・ねん挫・打撲といった肉体の損傷を、非観血的療法と呼ばれる独自の手法で修復し、自然治癒力による完治を促します。柔道場におけるケガの応急処置として発達したことから、この名で呼ばれています。この柔道整復術は現代にも受け継がれており、整骨院や接骨院と呼ばれる治療施設において柔道整復師という専門家が治療に当たっています。特定の施術に対しては医療保険が適用されるなど、西洋医学に劣らぬ信頼を得ています。注意が必要なのは、柔道整復師は国家資格であることです。専門的な知識と技能を身につけ、国家試験に合格することで初めて資格が得られます。

学習期間は3年または4年

柔道整復師の試験を受験するには、高校卒業後に国が指定した養成施設で所定の学課を修める必要があります。養成施設は大学・短大・専門学校等で、その数は2016年現在で100校あまりとなっています。大半は専門学校で、3年制と4年制の2種類があります。数はそれほど多くありませんが、夜間部を設けている専門学校もあります。養成施設では柔道整復に関する基本理論のほか、解剖学・生理学・整形外科学・リハビリテーション医学などについて学びます。もちろん臨床実習も重要な科目の1つです。専門学校の中には、鍼灸やマッサージについて学ぶことのできるところもあります。これらはいずれも柔道整復師同様、国家資格を必要とする治療技術です。複数の資格を持っていると、将来独立開業する際に診療範囲を広げられるというメリットがあります。